ユニフォーム
3つの力
TREE POWERS OF UNIFORM

「働く人への力」「組織への力」「社会への力」

それがユニフォームの力です。ユニフォームは単なる仕事着ではありません。働く人のやる気が出て、組織が活性化し、社会が良くなる・・・ユニフォームにはそんな力があるのです。クラユニコーポレーションでは経営戦略を実現するためのツールとしてユニフォームを位置づけ、貴社の個性にあったユニフォーム選びをお手伝いいたします。

 

働く人への力
仕事に対する誇り・やりがい・プロ意識を高める

ユニフォームの機能性や着心地の良さが、働く意欲に影響を与えるのは
もちろんのこと、ユニフォームに込められたメッセージが
着る人に伝わることで、仕事に対する誇りが生まれ、プロ意識も高まります。
また、企業・組織への帰属意識が高まる効果もあります。

組組織への力
組織の連帯感を高め、
ビジョンを会社にアピール

ユニフォームを着用することで連帯感を高め、
より強固な組織を作ることが可能となります。
また、ユニフォームを身につけいきいきと
働く人の姿は、社会に対して 企業そのものを
印象付け企業のビジョン・事業内容・企業姿勢を
アピールすることが出来ます。

社会への力
円滑な社会づくりと働く人の
働きがい・生きがい創出

ユニフォームにこめた企業メッセージが
消費者に伝わることで、消費者は
その企業の価値が判断でき、
円滑な社会づくりにつながっていきます。
また、ユニフォームは、働く人の
働きがいや生きがいを創出し社会を
活性化させるという大きな役割も担っています。

 


ユニフォームの5つのメリット

1 企業イメージの向上
企業イメージの向上は、売り上げや採用などに大きく貢献し、長期的な安定経営に欠かせません。

2 店舗や街での広告効果
店舗や街において、ユニフォームを着用しいきいきと働く人の姿は企業そのものであり、生きた広告と言えます。

3 従業員満足度の向上
福利厚生、よりよい職場環境づくり、働きがい創出など、様々な側面から従業員満足度の向上に貢献します。

4 モチベーションアップ
ユニフォームを着用することで、仕事に対する誇り、やりがい、プロ意識などが生まれ、モチベーションがアップします。

5 生産性の向上
着心地の良さ、機能性などを考慮したユニフォームは業務の効率化につながり、生産性の向上に貢献します。


CHECK
ユニフォームモデルチェンジチェック表

3つ以上あてはまれば、モデルチェンジの適齢期です。

「モラルの低下」、「組織の変化」、「製品の劣化、流行の変化」。下記3項目内、それぞれの設問をチェックしていただき、3つ以上あてはまる場合は、ユニフォームのモデルチェンジをご検討いただく適齢期となります。

check1

モラルの低下はありませんか?

 


check2

組織に変化はありませんか?

 


check3

モノとして古びていませんか?